未払費用-給与

税金に関する記事一覧を見る

未払費用(給与)

 
会社勤めをしている社員にとって月に一度の給料日は嬉しい日の一つでしょう。ほとんど
の人はこのために働いているといっても言い過ぎではないでしょう。一方、会社にとって
は良い人材を確保してより業績を伸ばすために必要な費用とはいえ、人件費が費用に占め
る割合は大きいものです。状況によっては資金繰りを逼迫させる要因にもなりえます。

多くの会社では、給料を支払った日に費用として計上しているかと思います。もしくは、
締め日までの給料を月末に未払い計上している会社もあるでしょう。例えば、月末締めの
翌月25日のような支給形態です。

月末締めの翌月○日払いであれば、1か月分の給与を未払い計上できますが、会社によっ
ては締め日が10日、15日、20日など、支給日が翌月に設定されていることがありま
す。そういった場合、決算月の締め日以降の給与については未払い計上できていないこと
があります。

例えば、締め日が10日であれば、11日~月末までの約20日間分が未払い計上できて
いないということです。税務上、未払い計上できる費用は、決算日時点で債務が確定して
いるものです。締めた後の給与は、次の給料日までに本人が退職してもその分の給与は支
払わなければいけません。

先ほどの締め日が10日であれば、月末までの約20日間の給与ですから、会社によって
は大きい金額になります。これを未払い計上すれば、かなりの節税になりえます。ただし、
こういった計上をすると、翌年以降も同じように処理しなくてはいけません。

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。