棚卸資産月商比

経営指標に関する記事一覧を見る

棚卸資産の倉庫

 
棚卸資産月商比(棚卸資産回転期間)は、平均月商の何か月分の棚卸資産(在庫)がある
のかということを分析するときに使います。在庫として商品や製品を仕入れてから、どの
くらいの期間で販売できているかを読み取ることができます。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、低いほど在庫の効率が良いということになります。

棚卸資産月商比=棚卸資産÷平均月商

正確に在庫の滞留期間を調べるためには、分母に平均売上原価か平均仕入高を使う必要が
あります。しかし、売上債権や仕入債務とともに運転資金分析をおこなうために、ここで
は売上高を基準に使っています。分析するときに何を重視するかによって、売上原価か売
上高を使い分けます。ただ、一般的には売上高を分母にしていることが多いです。

この指標が大きくなった(長期化)とき、次のようなことが考えられるので、在庫内容に
ついて品目ごとに調査する必要があります。

・特需を見込んだ一時的な大量仕入れ
・不良在庫(不人気商品、欠陥製品、不良仕掛品など)の発生
・在庫管理ミスによる過剰在庫
・利益操作をおこなうための架空在庫計上
・評価方法の変更など

 
<< 売上債権月商比 | 経営指標の記事一覧 | 仕入債務月商比 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・棚卸資産(在庫) 棚卸資産とは、いわゆる在庫です。商品・製品・仕掛品などの事業…
  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。