使用人兼務役員

税金に関する記事一覧を見る

使用人兼務役員

 
会社には経営に関わる役員と日常の業務をおこなう社員がいます。多くの人は役員か社員
のいずれかの立場だと思いますが、なかには両方の役割を兼ねている人がいます。例えば、
役員の肩書きを持ちながら、支店長(部長、課長、工場長など)として他の社員と同じよ
うに通常業務をおこなっている方々です。このような役員と社員(使用人)の役割を兼ね
ている人を使用人兼務役員といいます。

使用人兼務役員の役員報酬と給与は、それぞれの役割に応じて支給します。役員部分に対
する役員報酬は、通常の役員と同じように定期同額給与などと記帳・経理しなければ損金
にならないので注意が必要です。社員部分に対する給与は、他の社員と同水準で支給して
おけば問題ありません。

賞与には一定の制限があります。役員賞与に関しては、事前確定届出給与としなければ損
金になりません。これは通常の役員賞与と同じ扱いですね。社員部分の賞与は次の要件を
満たすことが必要になります。

・他の社員と同じ時期に支給しているか
・適正な金額か → 同じような業務内容の社員と同水準か
・損金経理しているか

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。