運転資金月商比

経営指標に関する記事一覧を見る

所要運転資金の検討

 
運転資金月商比(運転資金回転期間)は、営業活動に伴う資金(運転資金)の立替期間が、
平均月商の何か月分に当たるかを分析するときに使います。たとえば、この指標を計算し
て求めた結果、「2か月」と算出されたら、2か月分の売上代金に相当する運転資金を常
に準備しておく必要があるということです。

運転資金は、「売上債権+棚卸資産-仕入債務」から算出されるので、本指標の同業他社
や業種平均との比較、時系列比較に異常があるときには、売上債権月商比、棚卸資産月商
比、仕入債務月商比に分解して、それぞれの内容を詳細に調べる必要があります。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、低いほど所要運転資金が少なくて済むということになります。

運転資金月商比 = 運転資金 ÷ 平均月商

この指標が一定で推移していても、平均月商が増加している場合には、必要とする運転資
金が増額しているはずなので、その増額分をどのように調達しているかを確認した方がい
いでしょう。

 
<< 棚卸資産月商比 | 経営指標の記事一覧 | ROA(総資産利益率) >>

関連する記事

  •    ・売掛金 売掛金は、商品や製品、サービスなどを売り上げることによって生じる売上代…
  •    ・棚卸資産(在庫) 棚卸資産とは、いわゆる在庫です。商品・製品・仕掛品などの事業…
  •    ・買掛金 買掛金は、商品や製品、原材料などを購入することによって生じる、仕入先に…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。