決算処理(決算整理)をする

決算申告に関する記事一覧を見る

決算処理の内容

 
会社の経理では、原則として、発生主義で経理をしなければいけませんが、期中では、重
要度の低い仕訳を切る手間を省き、シンプルな試算表を作成するために、一部、発生主義
で経理しないことがあります。

しかし、決算書は、法人税など税金の申告と納税の基礎になるものでもあり、株主や銀行
にも資産・損益状況を正しく報告しなければいけません。したがって、決算書を作成する
ときには、期首から期末までの全取引が発生主義で処理されている必要があります。

そこで決算時に、期中では現金主義によって処理されている取引を、必要に応じて発生主
義に計上し直します。この決算時の作業を、「決算処理」「決算整理」などと言います。

具体的には

一般的におこなわれる、主な決算処理は次のとおりです。
・売上、売掛金の計上時期の見直し
・仕入、買掛金の計上時期の見直し
・在庫のたな卸し
・未収金、未払金の計上
・仮払金、仮受金の見直し
・給与の未払計上
・前払費用の計上
・長期前払費用の計上
・減価償却費の計上
・法人税等の計上

 
<< 決算とは | 決算申告に関する記事一覧 | 決算日はいつにするか >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。