工具器具備品

勘定科目に関する記事一覧を見る

事務所の机と椅子

 
工具器具備品には、作業で使う工具やパソコン、机、椅子、キャビネット、などが含まれ
ます。工具は、工場の加工作業で使われるようなものをいいます。器具備品は、事務・通
信機器など事務所で使われるような備品
をいいます。また、器具備品は什器備品ともいい
ます。ちなみに、工具と備品の区分は、明確に使い分けているものではありません。

工具の具体例

工具の具体例は次のようなものがあります。
・取付工具
・測定検査工具
・メーター
・金型
・切削工具
・治具
・レンチ
・スパナなど

器具備品の具体例

器具備品の具体例は次のようなものがあります。
・家具(事務机、椅子、応接セット、キャビネットなど)
・電気・ガス機器(エアコン、テレビ、冷蔵庫など)
・家庭用品(カーテン、じゅうたんなど)
・事務、通信機器(パソコン、コピー機、電話、時計など)
・看板、広告器具
・理容、美容機器
・医療機器
・娯楽、スポーツ用品
・観賞用の動植物
・自動販売機
・書画、骨とうなど

書画・骨とうは非減価償却資産

書画・骨とうは、器具備品に含まれるのですが、時間が経過しても価値が減少するもので
はないことから、減価償却の対象となりません。減価償却の対象とならないということは、
非減価償却資産になります。ただし、書画・骨とうに該当するかどうかは、一定の基準が
ありますので注意してください。

書画・骨とうに該当するか明らかでないものには、次のような基準があります。
・1点20万円(絵画は号2万円)以上のもの → 非減価償却資産
・1点20万円(絵画は号2万円)未満のもの → 減価償却資産

 
<< 車両運搬具 | 勘定科目の記事一覧 | 土地 >>

関連する記事

  •    ・固定資産→長く事業に貢献 固定資産は販売目的ではなく、長期にわたり継続的に事業…
  •    ・有形固定資産 有形固定資産は、会社が長期(1年以上)にわたり利用または保有する…
  •    ・減価償却費 減価償却は、税法で定められた固定資産の耐用年数に応じて、事業年度ご…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。