青色申告の承認の取消

税金に関する記事一覧を見る

青色申告の承認の取消

 
ほとんどの会社は、日々記帳、経理をおこない年に1度決算をして、決算日の翌日から2
か月以内に申告・納税をします。また、会社の多くは青色申告法人となっていて税務上の
特典を利用していると思います。欠損金の繰越控除や少額減価償却資産の特例など、節税
に役に立っているのではないでしょうか。

もし、何らかの事業で決算作業が遅れてしまい、申告期限・納期限に深刻・納税が間に合
わなかったらどうなるのでしょうか。期限に間に合わなくて、期限後申告(無申告)にな
っても、延滞税はかかるかもしれませんが、1回だけならさほど問題になりません。

しかしながら、2期連続で期限後申告(無申告)をやってしまうと、青色申告の承認が取
り消されてしまいます。税務上の特典がなくなってしまうのです。税務署から「取消通知
書」が届くことになります。

青色申告の承認が取り消されると

2期連続で期限後申告となってしまうと、青色申告の承認が取り消され、青色申告の税務
上のメリットがなくなります。期限後申告となった2期目から青色申告の適用がなくなり
ます。

そして、取消通知を受けた日から1年間は、青色申告の承認申請書が受け付けてもらえな
るのです。つまり、期限後申告となった①2期目、②取消通知を受けた期、③その翌期、
の3事業年度は白色申告となってしまいます。

白色申告になると次のようになります。
・取り消された事業年度以降の「欠損金の繰越控除」が受けられなくなる
・30万円未満の少額減価償却資産の即時償却ができなくなる
・帳簿書類からの調査による更正がなくなる
・更正通知書への理由付記がなくなる

 
<< 少額減価償却資産の特例 | 税金に関する記事一覧 | 青色申告取消からの復活 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。