14種類の所得控除

税金に関する記事一覧を見る

14種類の所得控除

 
所得控除とは年末調整や確定申告のときに、所得税の計算のもととなる所得金額から差し
引けるもので、その分税金が安くなります。所得控除を見落とすと所得税、住民税が高く
なってしまいます。しかも、不親切なことに見落としても税務署は指摘してくれません。
税金が高くなる間違いは見逃し、税金が安くなる間違いはあまりしてこないのです。とは
言っても所得控除は個人的なものであり、申告していなければ税務署も気づきようがない
こともあります。

所得控除の種類は、次の14種類になります。

控除の種類 控除を受けられるとき
雑損控除 災害や盗難などで損害を受けたとき
医療費控除 一定額以上の医療費支払があるとき
社会保険料控除 国民健康保険料などの支払があるとき
小規模企業共済等掛金控除 共済契約の掛金があるとき
生命保険料控除 生命保険料などの掛金があるとき
地震保険料控除 地震保険料などの掛金があるとき
寄付金控除 国、地方公共団体などに寄付したとき
寡婦・寡夫控除 自分が寡婦または寡夫であるとき
勤労学生控除 自分が勤労学生であるとき
障害者控除 自分や配偶者、親族が障害者であるとき
配偶者控除 配偶者がいるとき
配偶者特別控除 配偶者の所得が38万円超、76万円未満
扶養控除 扶養親族がいるとき
基礎控除 全員に対して38万円の控除

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。