仮受金

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の仮受金

 
仮受金は、科目や金額が確定しない現金や預金などを預かったときに、その内容が確定す
るまでの間、一時的に計上しておく仮の勘定科目です。仮受金は、その内容を調べて、何
かわかったときには、適切な科目へすみやかに振り替えます。できるだけ月末や期末まで
に精算できるようにしたいところです。

仮受金が決算時に残っていると、重要性が低いことが多いので、その他流動負債に含めて
しまいます。仮受金に大きい金額が残っていると、借入先の金融機関や株主、関係会社か
ら原因を聞かれることがあるかもしれませんので、なるべく決算までに解消するようにし
たほうが良いです。

具体的には

仮受金の具体例には次のようなものがあります。
・原因不明の口座振込入金
・科目が確定しない入金
・金額が確定しない入金

前受金との違い

仮受金と前受金は、似たような勘定科目ですが使い分けます。前受金も仮受金と同じく、
一時的な処理をするために使いますが、前受金は一時的に受け入れた現金や預金の内容が
はっきりしているものに対して使われます。

 
<< 前受収益 | 勘定科目の記事一覧 | 未払法人税等 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。