立替金

勘定科目に関する記事一覧を見る

会議費の立替金

 
立替金は、役員や従業員、外部の取引先や関係会社などの支払いを会社が一時的に立て替
えて払った金額を処理するときに使われます。立替払いは本来の債権債務の決済方法では
ないので、一時的な使用に限ります。

立替払いしたときは

通常、自社の債務ではない第三者の債務を本人の代わりに弁済するという取引はありませ
ん。会社が立て替えて支払った金額は、あとで本人へ請求します。したがって、請求する
ための領収書など、証ひょうを入手しておきましょう。

経理処理

立替金は、一時的な立替ですので、なるべく早く、できれば翌月中に回収します。立て替
えたときに支払った領収書などをもとに、現金や振り込みで回収します。仕入債務(買掛
金)との相殺でもいいでしょう。

また、立替金は金銭の貸し付けではなく、一時的な金銭の融通なので利息はつきません。
ただし、あまりに長期間、立て替えたままだと貸付金と認定される恐れがあります。

 
<< 短期貸付金 | 勘定科目の記事一覧 | 未収入金 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・流動資産 貸借対照表の資産のうち、流動資産は、短期間に現金化もしくは費用化でき…
  •    ・その他流動資産 その他の流動資産は、貸借対照表の流動資産に計上される科目のうち…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。