償却資産の種類と具体例

税金に関する記事一覧を見る

償却資産の対象となるパソコン

 
固定資産のうち、償却資産とは、土地と家屋以外で、事業活動に使うものです。さらに、
法人税法の規定による所得計算上、減価償却費が、損金に算入されるものを言います。た
とえば、事業のために使う構築物、機械、器具、備品などが対象です。

会社は、1月1日現在所有している償却資産について、1月31日までに資産が所在する
区にある都税事務所に申告(償却資産申告)しなければいけませんが、その対象になるも
のとならないものがあります。償却資産の対象となる主な資産は、次のとおりです。

資産の種類 具体例
構築物 舗装路面、庭園、門・堀・などの外溝工事、看板(広告塔)、
駐車場の舗装など
建物付属設備 受変電設備、予備電源設備、内装・内部造作など
機械及び装置 製造設備等の機械及び装置、工作機械、印刷機械、
クレーンなどの建設機械、機械式駐車設備など
船舶 ボート、釣船、漁船、遊覧船など
航空機 飛行機、ヘリコプター、グライダーなど
車両及び運搬具 大型特殊自動車、貨物列車、電車、大型フォークリフトなど
工具、器具及び備品 パソコン、陳列棚、看板(ネオンサイン)、医療機器、
応接セット、ルームエアコン、レジスター、自動販売機など

 
<< 固定資産税(償却資産)の計算 | 税金に関する記事一覧 | 消費税 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。