在庫の処分

税金に関する記事一覧を見る

在庫の処分

 
世の中で「決算セール」などを見ると思いますが、あれは商品在庫を少しでも減らそうと
するからおこなわれます。中には年中決算セールをおこなっているところもありますが…。
そういったお店は除いて、一般的に決算セールがおこなわれる理由としては、

・余分な在庫を減らしたい
・少しでも売上を上げたい
・少しでも現金がほしい

などがあげられます。在庫は帳簿に記帳し在庫として残っていると、お金も売上も生み出
しませんから、必要なときは値引きしてでも在庫の圧縮をおこないます。ただし、在庫の
経理をきっちりされている会社は少ないと思います。在庫の管理は重要ですが、期末にま
とめておこなう会社が多いのではないでしょうか。

決算セールなどで処分することもできますが、長期間売れ残っている商品を廃棄処分する
ことによって節税することができます。せっかく仕入れた在庫ですが、売れ残っていては
どうしようもありません。残していても保管スペースをとったり、保管料がかかったり、
陳腐化してしまったりして、残すメリットはないです。

したがって、期末時点で不要な在庫については廃棄処分をし、廃棄損を計上して利益を圧
縮させてしまいましょう。ただし、廃棄するときには、第三者から見たときに客観的に処
分したことがわかるような記録(廃棄業者からの照明書類、議事録など)を残すようにし
ます。

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。