有利子負債依存度

経営指標に関する記事一覧を見る

有利子負債への依存額

 
有利子負債依存度は、総資産に対する金利支払いや返済が必要な有利子負債(借入金、社
債など)の割合で、財務の健全性や安全性を分析するときに使います。簡単に言うと、借
金にどれだけ頼っているかということをあらわします。

この指標が高いと、借金しすぎということになり、金利負担が重くのしかかってきて、収
益が圧迫されているのではないかと判断することができます。さらに、金利動向によって
利益が大きく左右されやすくもなり、資金繰りが安定しません。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、低いほど財務の安全性が高いとされています。

有利子負債依存度 = 有利子負債残高 ÷ 総資産 × 100

有利子負債には以下のものを含みます。
・割引手形
・短期借入金
・長期借入金
・社債

銀行が、融資先の返済能力を評価するとき、この指標を使います。なお、似た指標に有利
子負債比率があり、これは自己資本に占める有利子負債の比率をあらわします。これも財
務の健全性や安全性を示す指標となります。

 
<< 固定長期適合率 | 経営指標の記事一覧 | 有利子負債月商比率 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。