税理士の独占業務

決算申告に関する記事一覧を見る

税理士の独占業務

 
国税庁が管轄省庁となる国家資格の税理士には、税理士資格がある者のみがおこなうこと
ができる独占業務があります。独占業務については、税理士法の第2条(税理士の業務)
に、「税務代理、税務書類の作成、税務相談」と記載されています。

1、税務代理

納税者本人に代わって、法人税や所得税などの申告や申請を税務署等に対しておこなうこ
とができます。また、税務調査の立会いやその対応もおこなうことができます。税務署の
処分や行為によって、納税者の権利や利益を侵害されたときには、異議申立や審査請求に
も対応します。

2、税務書類の作成

税務署に提出する税務書類(届出)を納税者に代わって作成し、提出します。作成する書
類には次のようなものがあります。

・法人設立届出書
・青色申告の承認申請書
・源泉所得税の特例の承認申請書
・確定申告書(法人税、消費税、所得税など)
・法定調書

3、税務相談

個別の具体的な事案の相談に対して、税金の計算や税務上の必要な手続き、助言・アドバ
イスをおこないます。有償無償を問わず、具体的な税務相談に対応することができるのは
税理士だけです。

記帳代行やコンサルティング業務

独占業務以外の付随業務として、会計業務(記帳代行)やコンサルティング業務、銀行と
の交渉などをすることがあります。これらの業務は、税理士でなくてもできます。しかし、
業務をおこなう中で、一般的な仮定の事例を説明することは問題ありませんが、具体的な
個別の税金計算や税務相談が発生すると、それは税理士の独占業務である「税務相談」に
該当します。

税理士法の第五十二条

(税理士業務の制限)
第五十二条 税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除く
ほか、税理士業務を行つてはならない。

 
<< 勘定科目内訳明細書 | 決算申告に関する記事一覧 | 4種類の申告調整 >>

関連する記事

  •    ・経理はなぜ必要か 会社経営の最大のテーマは、「いかに効率よく儲け、利益を生み出…
  •    ・法人税の確定申告書 法人税の確定申告書とは、決算作業で作成した損益計算書の当期…
  •    ・消費税の確定申告書 消費税の確定申告書は、得意先から預かった消費税から仕入先な…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ
 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。