法人事業税の計算

税金に関する記事一覧を見る

法人事業税の計算

 
法人事業税は、資本金1億円超の会社と資本金1億円以下の会社では、法人事業税の算出
方法が異なります。ここでは、資本金1億円以下の会社についてご紹介します。

法人事業税の税金計算のもと(課税標準)は「所得」で、法人税の計算上の所得と同じに
なります。所得は、損益計算書の当期純利益に申告調整を加えて算出します。税額は、算
出された所得に税率を乗じて算出します。

法人事業税の計算式と税率は次のとおりです。

法人事業税額 = 所得 × 法人事業税率

法人事業税率
所得 税率
①年400万円以下の部分 2.7%
②年400万円超800万円以下の部分 4.0%
③年800万円超の部分 5.3%

地方法人特別税

地方法人特別税は、平成20年の税制改正により、平成20年10月1日以後、開始する
事業年度から導入されました。法人事業税を申告・納付する義務のある法人は、地方法人
特別税についても申告納付しなければいけません。

法人事業税の税率を引き下げて、その引き下げた部分を地方法人特別税として徴収してい
ますので、法人事業税と地方法人特別税を合わせた税額は、従来の法人事業税と同じ金額
になります。そして、その徴収した部分を各都道府県に再配分することによって、地方税
収の偏りを是正しています。

課税標準 税率
法人事業税①~③に対して 81.0%

所得1,200万円のときの法人事業税は

法人事業税の具体的な計算例として、事務所が都内に1か所で、所得1,200万円のと
きの法人事業税額は次のように計算されます。

①所得400万円以下の部分
4,000,000円 × 2.7% = 108,000円
 
②所得400万円超800万円以下の部分
4,000,000円 × 4.0% = 160,000円
 
③所得800万円超の部分
4,000,000円 × 5.3% = 212,000円
 
④地方法人特別税(百円未満切捨)
( 108,000円 + 160,000円 + 212,000円 ) × 81% = 388,800円
 
法人事業税額( ① + ② + ③ + ④ ) = 868,800円

 
<< 法人事業税 | 税金に関する記事一覧 | 地方法人特別税 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。