申告書を提出していない

決算申告に関する記事一覧を見る

税務申告書の提出が間に合わない

 
会社であれば、年に1回決算をおこない、決算日から2か月以内に申告・納税をする必要
があります。世の中の大半の会社はきちんとしてらっしゃるかと思います。しかしながら、
中には何年も決算をしないで無申告のまま、何の手続きも取っていない法人がいます。

考え様によっては、無申告のまま見つからない間は税金を払わなくていいからラッキー、
もし無申告がばれたら税金を払うだけ、ということがあるのかもしれません。当然ながら
無申告のままでいつまでもいれるわけではありません。税金を払わないメリットよりも社
会的なデメリットだってあります。

国税庁は無申告法人の調査を重点的におこなっています。国税庁の調査以外でも、第三者
からのタレこみなどから無申告法人ということが発覚することがあります。

何年も無申告のままだと

次のような罰金や社会的な不利益を被ることになります。

・申告したときに無申告加算税がかかります。本来納める税額の5~20%の加算税とな
 ります。
 
・青色申告の承認を受けている場合、2期連続で申告しないと青色申告の承認が取り消さ
 れます。すると、赤字の繰越欠損金や減価償却など税務上の特典がなくなります。
 
・銀行からの融資などが受けられなくなります。審査に必要な決算書や納税証明などの書
 類が準備できないからです。

こういった不利益を被らないように、毎年しっかり税務申告をおこないましょう。

 
<< 消費税は期限延長できない | 決算申告に関する記事一覧 | 法人税の無申告法人 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。