現預金比率

経営指標に関する記事一覧を見る

会社の現預金比率

 
現預金比率は、会社の財務分析をするときの指標の一つで、安全性を見るために使います。 流動資産の中でも、すぐに支払ができる現金・預金と流動負債の割合を比較して、短期の 負債に対する会社の支払能力を分析します。

会社の短期的な支払能力を分析する財務指標には、流動比率や当座比率もありますが、現 預金比率は、それらよりもさらに厳しく支払能力を測定できます。なぜなら現金・預金の みで支払能力を測定するからです。

売掛金や有価証券などの現金化に少し時間が必要な資産を除いて分析することで、短期の 支払能力の測定に加えて、会社の資金繰りを見ることができます。

計算式

計算式は次のとおりで、一般的に高ければ高いほど良いです。

現預金比率 = 現金・預金 ÷ 流動資産 × 100%

 
<< 当座比率 | 勘定科目の記事一覧 | 現預金月商比率 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・現金 現金とは、「円」の日本銀行券や硬貨、「ドル」「ユーロ」などの外国通貨のこ…
  •    ・預金 預金は、銀行や信託銀行、信用金庫などの金融機関に対する会社現金の預け金で…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。