法人税

税金に関する記事一覧を見る

法人税の打ち合わせ

 
法人だとかかる税金には、法人税、法人住民税(法人都民税)、法人事業税などがありま
すが、法人税は、一事業年度の会社の儲けに対して課税される税金です。儲かった会社は
この儲けに対する税金をどう減らすか、頭を悩ませていることと思います。

この課税される儲けは、損益計算書の当期純利益に申告調整を加えて算出されます。申告
調整(益金算入・益金不算入・損金算入・損金不算入)とは、収益になっていないものを
収益に加えたり、費用になっていないものを費用に加えたりします。

申告調整が加えられた会社の儲けを「所得」といい、所得に対して法人税率を乗じて、最
終的な法人税額を計算します。法人税率は、法人によりますが、20%前後となっていま
す。

会社を設立して事業をおこなっていれば毎年必ず申告納税が必要になります。決算作業に
よって算出した税額は、事業年度終了日の翌日から2か月以内に、申告して納税をおこな
います。

例えば、12月31日が決算日の会社の場合だと、2月28日が納税の期限となります。
ただし、法人税は申告期限の延長ができます。「申告期限の延長の特例の申請」という手
続きをおこなって、法人税の申告期限を1か月延長することができます。

 
<< 消費税の無申告法人 | 税金に関する記事一覧 | 法人税の計算 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。