流動資産→1年以内に現金化

勘定科目に関する記事一覧を見る

短期間で現金化できる資産

 
貸借対照表の資産のうち、流動資産は、短期間に現金化もしくは費用化できる資産のこと
をいいます。たとえば、現金や預金、営業債権(受取手形や売掛金など)有価証券などに
なります。流動資産は現金(または預金)となるのが早いので、資産のうち流動資産の占
める割合が多いと資金繰りは安定します。

売掛金なら通常1~2か月ほどで回収できます。受取手形であれば得意先によりますが、
金融機関に割り引いてもらって現金化する(割引手形といいます)こともできます。現金
や預金が多い方が資金繰りは安定します。貸借対照表では、資金化しやすい順に勘定科目
が計上されています。

また、資産には流動資産と固定資産がありますが、その区別は、1年以内に現金化できる
かどうかです。この1年という基準のことを、1年基準(ワン・イヤー・ルール)、また
は正常営業循環基準といいます。

当座資産、棚卸資産、その他流動資産

流動資産はさらに当座資産、棚卸資産、その他流動資産に分けられます

・当座資産(現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券など)
 → 特に現金化しやすい資産です。

・棚卸資産(商品、製品、、半製品、仕掛品、原材料、消耗品など)
 → いわゆる在庫です。売れば現金化できるような資産です。

・その他流動資産(前渡金、前払費用、立替金、短期貸付金、未収入金、仮払金など)
 → 当座資産でも棚卸資産でもない流動資産です。

 
<<損益計算書(P/L)の構成 | 勘定科目の記事一覧 | 1年基準、正常営業循環基準 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。