預り金

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の預り金

 
預り金は、得意先や仕入先などの取引先から預かったお金、個人事業主や社員の報酬・給
与から天引きする源泉所得税・社会保険料などの一時的に預かる金額
を処理するときに使
います。1年以内に返却・納付するような預り金は流動負債となり、預かり期間が1年を
超えるようなものは、固定負債に長期預り金として計上します。

取引先からの一時的に預かるものには、取引開始時の保証金、売上割戻しなどがあります。
また、会社によるとは思いますが、社内の預金制度があることがあります。これも預り金
に計上します。預り金は、読んで字のごとく、一時的に会社が預かっているだけですので、
お金を借りたときの借入金とは区別します。

具体的には

預り金の具体例には次のようなものがあります。
・営業上で発生する預り保証金
・報酬や給与から天引きされる源泉所得税
・給与から天引きされる社会保険料、住民税
・役員や従業員からの社内預金
・旅行積立金など

 
<< 前受金 | 勘定科目の記事一覧 | 前受収益 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。