経理をしないデメリット

経理業務に関する記事一覧を見る

経理をしないデメリット

 

経理をしないデメリット1 社内での問題

経理処理がきちんとおこなわれていない会社では「どれくらい儲かっているのか」という
見当がつきません。儲けがわからないその隙を狙った社員の横領や横流しが起きるかもし
れません
。いつの間にかお金や商品がなくなっても誰もわからないのです。「うちの会社
の経理は甘い」という意識が広がらないように、対策を練る必要があります。特に経理が
一人で担当しているとなると一層注意する必要があります。

経理をしないデメリット2 社外で発生する問題

社内だけでなく取引先などとのお金の動きが把握できていなければ、売掛金の回収漏れで
損をしたり、買掛金の支払い漏れで信用を無くしたり、対外的な大問題にもなりかねませ
ん。いい加減な財務諸表しかできず、銀行や信用調査会社からの評価も低くなり、融資も
思うように受けられなくなります

また税務調査では、厳しく指摘され、解明のために日数がかかり、多額な税金を追徴され
るようになるかもしれません。経理をおろそかにすると、このような「負の連鎖」が起こ
り得るということをぜひ覚えておいてください。

 
<< 経理をするメリット | 経理業務の記事一覧 | 経理の業務内容 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。