法人税の確定申告書

決算申告に関する記事一覧を見る

法人税の確定申告書

 
法人税の確定申告書とは、決算作業で作成した損益計算書の当期純利益に申告調整(益金
の算入・不算入と損金の算入・不算入)を加えて所得を算定し、法人税額を計算するため
に作成します。

事業年度の終了日の翌日から2か月以内に、作成した法人税の確定申告書を管轄の税務署
へ提出します。例えば、12月31日が決算日の会社の場合だと、2月28日が申告期限
となります。法人税の確定申告書を税務署へ提出するときには、会社保管用の控を作って、
会社に保管しておきます。

作成する書類の一覧

次の書類を作成します。
・法人税の確定申告書(別表一)
・法人事業概況説明書
・別表二から十八
・固定資産台帳、減価償却費明細
・決算報告書(貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表)
・勘定科目内訳書

 
<< 利益と所得の違い | 決算申告に関する記事一覧 | 法人事業概況説明書 >>

関連する記事

  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…
  •    ・税理士の独占業務 国税庁が管轄省庁となる国家資格の税理士には、税理士資格がある…
  •    ・法人税の計算 法人税は、当期純利益から申告調整をおこなって算出される所得に、法…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。