税務署員にはノルマがある

税金に関する記事一覧を見る

税務署員のノルマ

 
税務調査で指摘された内容を、そのまま鵜呑みにしていませんか。税務署員は、不正を発
見し、税金をどれだけ取ってくるかというノルマを課されています。このノルマを達成で
きないと、税務署内での風当たりが厳しくなるようです。税務署員の中には中には記帳・
経理をきちんとしていてもノルマのために不正として指摘してくる者がいるようです。

そういった追徴税や調査件数、不正発見率などのノルマがあることから、納税者の無知に
付け込んで、本来払う必要のない税金を少々強引に払わそうとする質の悪い税務署員まで
います。

税務署の判断が絶対ではない

税務署の判断が絶対に間違っていないかというと、そういうわけではありません。必要以
上に恐れる必要はないのです。悪徳調査官に付け込まれないためにも、日ごろから税務を
確認しながらきっちり経理処理をおこなっておくことが大事です。また、税務調査の対応
に関して経験が豊富な税理士を顧問にしておくと、いざというときに心強いでしょう。

 
<< 修正申告 | 税金に関する記事一覧 | 税務署は教えてくれない >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。