月次決算3つのメリット

経理業務に関する記事一覧を見る

月次決算3つのメリット

 

メリット1 損益分析が可能に

月次決算は、予算実績管理をするためには、必ず必要なものです。月次で予算と実績を比
較分析することにより、会社全体の結果だけではなく、部門別損益や店舗別損益などのセ
グメント別損益も明確になります。こうしてセグメント分析を可能にし、各セグメントの
状況も把握できるようになるので、月次ベースでの損益の進捗状況をつかむためにも、月
次決算は必要不可欠です。

メリット2 財務体質の改善・強化に

月次決算を作成して、損益計算書(PL)だけを予算管理していくのではなく、貸借対照
表(BS)や資金繰り表などの資金収支についても、予実管理をすることで、資金繰りを
改善し、財務体質の改善・強化をすることができます。

メリット3 金融機関との関係強化に

普段から月次決算を実施して、予実管理をしていれば、金融機関から借入れを検討すると
きに資料提出を求められてもすぐに対応できます。しかも、銀行から月次決算の提出を求
められる前に資料の提出をすれば、さらに銀行の心象は良くなり、銀行との信頼関係を強
化できます。なお、予算管理制度は株式上場審査において大きなウエイトを持っています。

 
<< 月次決算の目的 | 経理業務の記事一覧 | 月次決算が遅れてしまう理由 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。