個人事業税

税金に関する記事一覧を見る

個人事業税

 
個人事業主がおこなう業種により、法律で決められた事業(法定業種)に対してかかって
くる税金です。70業種が法定事業となっていて、ほとんどの業種が該当します。都内に
事務所や事業所があって、法廷業種の事業をおこなっている個人事業主は納税する必要が
あります。

法定業種と税率

個人事業税の税率は、事業により異なります。次のとおりです。

区分 事業の種類 税率
第一種事業
(37業種)
物品販売業、保険業、不動産貸付業、製造業、請負業
飲食店業、代理業、不動産売買業、広告業、興信所業など
5.0%
第二種事業
(3業種)
畜産業、水産業、薪炭製造業 4.0%
第三種事業
(30業種)
医業、行政書士業、コンサルタント業、デザイン業
理容業、美容業など
5.0%
あんま・マッサージ・指圧その他医業など 3.0%

計算式

税額は、次のとおり計算されます。

個人事業税 =( 事業収入 - 必要経費 - 各種控除※ - 事業主控除290万円 )× 税率
※青色申告特別控除65万円は、ここでは控除できませんので注意してください。

 
<< 所得税 | 税金に関する記事一覧 | 住民税 >>

関連する記事

  •    ・税理士の独占業務 国税庁が管轄省庁となる国家資格の税理士には、税理士資格がある…
  •    ・法人事業税 法人事業税は、会社が事業をおこなっている事務所や事業所が所在する都…
  •    ・所得税 所得税は、個人の1年間(1月1日から12月31日)で得た所得に対して課…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。