流動比率

経営指標に関する記事一覧を見る

会社の流動比率

 
流動比率は、会社の財務分析をするときの指標の一つで、安全性を見るために使います。
流動資産(現金、預金、売掛金など)と流動負債(買掛金、短期借入金など)の割合を比
較して、短期の負債に対する会社の支払能力を分析します。

この比率が大きいほど短期の支払いに対して、返済能力があるということになります。し
たがって、経営の安全性があるとみなされます。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、一般的に、流動比率200%以上が望ましいです。

流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債 × 100%

流動資産は1年以内に現金化される資産で、流動負債は1年以内に支払期限の到来する債
務です。流動資産が流動負債よりも多いとき(流動比率100%以上)であれば、短期で
現金化される資産の方が短期の債務よりも多いことになるので、会社に支払余力があると
判断できます。

逆に、流動資産が流動負債よりも少ないとき(流動比率100%未満)だと、短期で現金
化される資産よりも短期の債務支払の方が多いことになります。こうなると、本来、長期
の債務支払いに充てるべき長期借入金を、流動負債の支払いに充てざるを得なくなってき
ます。

棚卸資産が含まれている

流動比率には、現金化できない流動資産も含まれて計算されています。たとえば、棚卸資
産や前払費用などです。貸借対照表は、決算日時点の資産状況ですので、実際の入出金の
タイミングまでは考えられていません。

また、流動比率100%未満であったとしても、何とかして資金手当てができれば、特に
問題になりません。たとえば、飲食店やスーパーなどのように現金商売の業種であれば、
問題になりにくいでしょう。

流動比率と似たような指標に当座比率があります。当座比率は、当座資産(現金、預金、
売掛金など)を使って算出するので、流動比率よりも正確に短期の支払能力が判断できま
す。

 
<< 法人税等 | 勘定科目の記事一覧 | 当座比率 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。