在庫の値引き販売

税金に関する記事一覧を見る

在庫の値引き販売

 
帳簿に記帳されて期末時点で残っている在庫は、適正量であれば翌期に販売され、売上と
して経理されるでしょうから問題ありませんが、長期間売れ残っている商品が積みあがっ
ていると、保管スペースをとったり、保管料がかかったり、陳腐化してしまったりして、
経営上、良いことはありません。

そういった不良在庫は、廃棄して廃棄損を計上することにより節税に使えます。しかしな
がら、それではせっかく仕入れたものをそのまま捨てることになります。つまり、仕入代
金がそのまま損失となるのです。節税できるとしてもそれはちょっと…、と感じる方が多
いと思います。

そこで、少しでも仕入代金を回収するために、値引きして販売するのです。値引きの幅は
会社によるかもしれませんが、売って赤字が出てもOKくらいの値引きをして売ります。
廃棄するよりは、多少、仕入代金が回収できます。これがいわゆる「決算セール」という
やつです。社員向けに格安で販売するような形のものもありますよね。このような値引き
販売をおこなうと

・赤字で販売すれば節税できる
・在庫の圧縮 → 保管場所や保管料の削減
・少しでも売上が上がる → 資金繰りの改善

といった効果が見込めます。ただし、社員向けに値引き販売するときは、一定の要件を満
たさないと、給与とみなされてしまい、所得税の課税対象となってしまう恐れがあります。
在庫を単に廃棄するのか、値引き販売するのかは会社の利益や資金繰りを勘案して判断す
るといいでしょう。

社員向けに値引きするときの要件
・仕入価額以上かつ、販売価額の70%以上で販売
・全社員同一の条件で販売
・一般的な数量での販売

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。