固定資産税(償却資産)の計算

税金に関する記事一覧を見る

償却資産の固定資産税の計算

 
固定資産税は、1月1日現在の固定資産(土地、家屋、償却資産)の所有者に対して、固
定資産価格をもとに算定される税額を、固定資産の所在する市町村が課税する税金です。
ここでは償却資産に対する固定資産税についてご紹介します。

固定資産のうち、償却資産とは、土地と家屋以外で、事業活動に使うものです。さらに、
法人税法の規定による所得計算上、減価償却費が、損金に算入されるものを言います。た
とえば、事業のために使う構築物、機械、器具、備品などが対象です。

償却資産を所有する会社は、1月31日までに、資産が所在する区にある都税事務所に申
告(償却資産申告)します。申告された償却資産にもとづいて、地方税の評価基準によっ
て課税標準が算出されて固定資産税が課税されます。

固定資産税(償却資産)の計算

計算式は次のとおりです。

固定資産税額 = 課税標準額 × 1.4%

ただし、課税標準額150万円未満であれば、課税されません。この150万円のことを
「免税点」といいます。課税されない会社に対しては、納税通知書は交付されません。

 
<< 固定資産税(償却資産) | 税金に関する記事一覧 | 償却資産の種類と具体例 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。