売上債権月商比

経営指標に関する記事一覧を見る

売上債権月商比の計算

 
売上債権月商比(売上債権回転期間)は、商品や製品を販売してから最終的に売上債権が
現金として回収されるまでにかかる期間(売上債権の滞留期間)がどれくらいかというの
を分析するときに使います。この指標から、得意先との販売条件が読み取れます。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、低いほど現金化されるまでの期間が短いということになります。

売上債権月商比=売上債権÷平均月商

売上債権は次のものを含みます。
・受取手形
・裏書譲渡手形
・割引手形
・売掛金
・完成工事未収入金

時系列で比較してみる

時系列で比較すると、売上債権の回収条件がどのように推移しているか、読み取ることが
できます。滞留期間が大幅に長期化していれば、回収条件の悪化や不良債権の発生、架空
売上の計上などの可能性が考えられます。売上債権月商比に大幅な変動がある場合には、
売上債権の詳細に注意する必要があります。

また、短期化していれば、回収条件の改善(売掛期間の短期化、手形比率の低下、手形サ
イトの短期化)が読み取れます。しかし、資金繰りの確保を目的に、無理な値引き販売を
していることも考えられます。その点には、注意が必要です。

なお、売上の内訳(商品や製品)によって、回転期間が大幅に変動する可能性があるので、
取引先ごと、製品や商品ごとの月商比にも注意しましょう。

 
<< 自己資本比率 | 経営指標の記事一覧 | 棚卸資産月商比 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・売掛金 売掛金は、商品や製品、サービスなどを売り上げることによって生じる売上代…
  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。