未払費用-固定資産税

税金に関する記事一覧を見る

未払費用(固定資産税).

 
固定資産税は、賦課課税方式による税金です。その年の1月1日時点の所有者に対して課
税されます。東京都であれば、6月、9月、12月、2月の4期に分けて納付します。多
くの会社では固定資産税の納税通知書が届いて、納付したタイミングで費用計上している
と思います。

ところで、固定資産税の損金算入時期について、国税庁HPで次のように記載があります。
“不動産取得税、自動車税、固定資産税、都市計画税などの賦課課税方式による租税につ
いては、賦課決定のあった事業年度となります。ただし、納期の開始日の事業年度又は実
際に納付した事業年度において損金経理をした場合には、その損金経理をした事業年度と
なります。”

つまり、以下の3つのタイミングがあることになります。
①通知のあった事業年度
②納期の開始日の事業年度
③実際に納付した事業年度

③は納付したときに損金とする一般的な処理ですが、①②のタイミングで未払い計上すれ
ば、そのタイミングで未払費用として損金に算入できます。したがって、決算日時点で、
納期の到来していない固定資産税があるのであれば、未払いの固定資産税については、未
払い計上することを検討してみてください。

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。