固定資産→長く事業に貢献

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の所有する固定資産

 
固定資産は販売目的ではなく、長期にわたり継続的に事業のために利用することを目的と
して、会社が利用または保有する資産
です。固定資産は、事業での利用にともなって徐々
に価値が下がっていきます。この価値が減少する分を費用化することを減価償却といいま
す。

固定資産の区分

貸借対照表上で、固定資産は管理の仕方によって3つに分けられます。有形固定資産と無
形固定資産、投資その他の資産です。

有形固定資産
→ モノとしての実体を持つもので、土地や建物、車両などをいいます。

無形固定資産
→ モノとしての実体がないもので、営業権、特許権、実用新案権、商標権などをいいます。

投資その他の資産
→ 有形固定資産と無形固定資産以外のもので、投資有価証券、長期貸付金、長期前払費用、
  出資金などをいいます。

 
<< 1年基準、正常営業循環基準 | 勘定科目の記事一覧 | 繰延資産→先行投資分を資産に >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。