毎月の経理業務

経理業務に関する記事一覧を見る

毎月の記帳代行業務で使う文房具

 
毎月、定例的に発生する基本的な経理業務には、下記のような項目があります。

(1)請求書管理業務・回収管理

会社の多くは月締めでの取引をおこなっています。月締めで請求をおこなっている売上に
ついて、得意先ごとの請求金額を取りまとめ、請求書の作成・発行をおこないます。また、
その際に過去の請求に対する入金状況を確認し、回収漏れの無いよう管理が必要となりま
す。

(2)支払管理業務

月締めで請求されている仕入や経費、銀行の借入金などについて、取引先ごとにとりまと
め、金融機関へ振込依頼をかけます。請求書が到着するタイミングによりますが、月末に
振り込むことが多いです。経費の支払いは自動引落での支払いが多いかもしれません。借
入金は返済口座に残高があれば自動で引き落とされますので、残高が足りないということ
の無いように管理します。

(3)給与計算と支払い

役員や従業員の給料の額を計算し、支払いをおこないます。その際、給与から健康保険料・
厚生年金保険料、雇用保険料などの社会保険料や所得税を天引きします。天引きして預かっ
た社会保険料は年金事務所や労働局へ、源泉所得税は税務署へ納付します。また、従業員
各自の経費精算などもおこないます。

(4)伝票の起票・帳簿への記帳 → 会計ソフトへの入力

日次業務同様、月次業務で発生した取引を伝票へ起票し、勘定科目へ起票、あるいは会計
ソフトへの入力が発生します。この作業と同時に、日々の経理処理に間違いがないかチェッ
クをおこなうようにします。

 
<< 日々の経理業務 | 経理業務の記事一覧 | 毎年の経理業務 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。