決算の流れ

決算申告に関する記事一覧を見る

決算作業の順番

 
決算では、1年間の売上や仕入、経費を集計し、利益または損失(期間損益)を算出しま
す。そして、決算時点での預金や売掛金、不動産などの資産、買掛金や未払金、借入金な
どの負債、自己資本の純資産の残高なども算出し、財務状況を把握します。

作成した決算書は、株主や銀行などの外部関係者に公開するよう求められ、会社の損益・
資産状況を報告しなければなりません。また、決算書は、法人税など税金の申告と納税の
基礎にもなります。

決算作業の流れ

決算から税金の納付までの大まかな流れは、次の順序で作業をしていきます。

1、会計年度の最終月の月次決算を確定させます。
          ↓
2、未払金、長期前払金、減価償却費、未払法人税等などの決算修正仕訳を切ります。
          ↓
3、年次決算を確定させ、決算書を作成します。
          ↓
4、決算書をもとに申告調整をおこない、法人税などの税務申告書を作成します。
          ↓
5、決算日から2ヶ月以内に、税務申告書と決算書を税務署などへ提出します。
          ↓
6、提出後、法人税、法人事業税、法人住民税などを税務署や銀行などで納付します。

 
<< 決算日はいつにするか | 決算申告に関する記事一覧 | 決算報告書とは >>

関連する記事

  •    ・毎年の経理業務 毎年の経理業務の基本的な作業は、下記の項目となります。1)「決…
  •    ・決算とは 会社で事業をしていれば、経理をおこなっていると思います。1年に1回、…
  •    ・法人税 法人だとかかる税金には、法人税、法人住民税(法人都民税)、法人事業税な…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。