4種類の申告調整

決算申告に関する記事一覧を見る

4種類の申告調整

4種類の申告調整

申告調整は、決算書の当期純利益に一定の調整を加えて、所得を算定することを言います。
この調整には、次の4種類があります。

益金算入
損益計算書では収益となっていませんが、法人税法の所得の計算では、益金に算入すべき
ものを言います。たとえば、売上の計上もれ、引当金の取崩しなどです。

益金不算入
損益計算書では収益となっていますが、法人税法の所得の計算では、益金に算入されない
ものを言います。たとえば、受取配当金や法人税還付金などがそうです。

損金算入
損益計算書では費用となっていませんが、法人税法の所得の計算では、損金に算入すべき
ものを言います。たとえば、青色欠損金の繰越控除などがあります。

損金不算入
損益計算書では費用となっていませんが、法人税法の所得の計算では、損金に算入されな
いものを言います。たとえば、売上原価の計上もれ、法人税等、交際費の一部、定額になっ
ていない役員報酬などがあります。

損金算入には、損金経理が条件

法人税法では、損金算入するには損金経理を条件としているものがあります。損金経理と
は、損益計算書に費用計上することを言います。たとえば、減価償却費があります。

一方、法的整理などによって金銭債権がカットされたときの貸倒損失は、損金経理の必要
が無いとされていますので、損益計算書に費用として計上されていなくても、損金となり
ます。

 
<< 申告調整 | 決算申告に関する記事一覧 | 利益と所得の違い >>

関連する記事

  •    ・法人税の確定申告書 法人税の確定申告書とは、決算作業で作成した損益計算書の当期…
  •    ・税務申告書の提出 法人税や消費税の税務申告書の提出期限は、原則、決算日の翌日か…
  •    ・法人税の計算 法人税は、当期純利益から申告調整をおこなって算出される所得に、法…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。