青色申告には複式簿記が必要

経理業務に関する記事一覧を見る

単式簿記と複式簿記で使う帳簿

 
簿記には単式簿記と複式簿記があります。単式簿記とは、収入から支出を差し引いて、お
金がどれだけ残っているかを確認するために作成するものです。損益計算書のみを作成す
る家計簿に近いものです。

これに対して、複式簿記とは取引を借方・貸方に分け、「1つの取引を2つ以上の勘定科
目に振分けして記入していく」という帳簿の記入方式のこと
です。この作業によって、収
入による財産の増加(現預金や売掛金)や支出による財産の減少(買掛金や借入金)といっ
た資産と負債の増減も把握できるようになり、事業の損益や財務状況がわかる損益計算書
と貸借対照表を作成することができるのです。

例えば、「1,000円の商品を現金で売り上げた」という場合、伝票に以下のように記
入します。

金額 借方 貸方 金額
1,000円 現金 売上高 1,000円

そして次に元帳にその取引を転記していきます。総勘定元帳の現金と売上の欄に、今回の
取引を記入していきます。このような手順で、会社のお金の流れを記入していくことを複
式簿記と言います。複式簿記は、税金が安くなる青色申告が認められるための必要条件な
ので、絶対にマスターする必要があります。

 
<< 具体的な仕訳 | 経理業務の記事一覧 | 経理記帳で使う帳簿の種類 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。