利子税

税金に関する記事一覧を見る

損金に算入できる利子税

 
附帯税の中に利子税というものがあります。附帯税は税金の罰金のような意味合いのある
税金です。利子税は、税金の延納や申告期限の延長の申請をしたとき、申告期限の延長の
適用を認めてもらうと、納期限の翌日から納税されるまでの日数に応じて発生します。

申告期限を延長する理由としては、次のようなものがあります。
・公認会計士や監査法人の監査を受けなければならない
・子会社が多いために申告期限までに確定申告書を提出できない
・社内の手続きや繁忙期などで2か月以内に申告できないなど

利子税の税率

利子税の税率は、原則として7.3%です。

計算式

計算式は次のとおりです。

利子税額※ = 延長した本税 × 7.3%
 
※ただし、1,000円未満の場合は徴収されません。

損金に算入できる

基本的に附帯税は、損金に算入できないので、支払うだけ無駄な税金です。しかし、利子
税だけは損金に算入できるのです。制度として「申告期限の延長」が認められているから
かもしれません。

利子税の意味合いとしては、附帯税の持つ罰金という性質というよりは、期限延長の手数
料や利息的なものがあるのかもしれません。そう考えると損金に算入できるということも
納得できるような気がします。延滞税や他の附帯税が課税されて支払っても損金に算入で
きないので、法人税の申告がどうしても間に合わないときは、申告期限の延長を検討して
みましょう。

 
<< 重加算税 | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。