水道光熱費

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の事務所で使う水道光熱費

 
水道光熱費とは、主に会社で使っている事務所や工場の水道代、ガス代などのことをいい
ます。主要な水道光熱費である水道、ガス、電気については、それぞれの独立した勘定科
目を使用して処理することもできます。

水道光熱費としては次のようなものがあります。
・水道代
・ガス代
・電気代
・石油
・灯油
・重油

ビルを借りている場合、水道光熱費は共益費として請求されることがあります。共益費と
して請求されると、清掃費などの他の費用と区別つかないときがあります。そのときには、
まとめて共益費として計上するか、または不動産賃貸料に含めて費用に計上します。

実務上では、経理事務を簡単にするために、厳格に発生主義を適用しないで、現金主義で
処理することが多いです。毎月、未払金を立てては翌月にその消しこみをおこなうのは面
倒ですよね。

決算処理では、重油等は期末に残高を計算して貯蔵品に計上する必要がありますが、金額
的の小さいときには、無視してもかまいません。また、毎期継続して適用するのであれば、
資産計上しなくても大丈夫です。

 
<< 販売促進費 | 勘定科目の記事一覧 | 車両関連費 >>

関連する記事

  •    ・損益計算書(P/L)の構成 損益計算書は、会社の一定期間(1年間)における経営…
  •    ・販売費及び一般管理費 「販売費」とは、商品や製品の販売業務にともなって発生する…
  •    ・賃借料 賃借料とは、他人が所有する物件(土地や建物、機械、車両、事務機器などを…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。