記帳代行・経理代行のライト・コミュニケーションズ株式会社

記帳代行・経理代行ならライト・コミュニケーションズ

毎月の記帳代行は150社以上!
東京での経理記帳は10年以上の豊富な実績。

外注費(業務委託費)とは

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の外注業者

 
外注費は、業務委託費とも言われます。外部の会社や個人事業主と業務請負契約を結び、
会社業務の一部を委託(アウトソーシング)したときの費用に使います。よくある費用例
だと、コンサルタント利用料や下請工賃・加工賃などがあります。一般管理部門に外注費
用を計上するときは、支払手数料などとします。

具体的には

外注費の具体例としては次のようなものがあります。
・経理、給与事務などのアウトソーシング費用
・業務委託費
・下請工賃、加工賃
・写真の報酬
・ヘアメイクの報酬
・デザインの報酬
・原稿の報酬
・スタイリストの報酬など

外注するメリットは大きい

会社で社員を雇うと毎月一定の人件費が発生してしまいます。売上が安定していて、それ
と人件費のバランスが取れていれば、特に問題となりませんが、売上は常に安定して獲得
できるものではありません。そこで、最初から社員として雇うのではなく、まずは委託契
約または請負契約として外注(アウトソーシング)するという方法があります。

外注したときのメリットには次のようなものがあります。
・社会保険に加入させなくてよい → 社会保険料の会社負担が無い
・源泉所得税を引かなくてよくなる → 事務負担の軽減
・外注費=課税仕入なので、消費税対策にもなる → 給与は不課税取引
・固定的な人件費が少なくなる → 経費の削減

外注と認めてもらうために

上記のとおり、外注したときのメリットについてご紹介しましたが、きちんと外注として
認めてもらうには以下の要件を最低でも満たす必要があります。

・会社から指揮命令を受けていない
・会社から作業時間を指定されていない
・労働時間ではなく役務に対して、会社は報酬を支払っているか
・外注である請求側が報酬を計算しているか
・仕事の責任の所在は本人か(本人だけで完遂できるか)
・仕事は別の人でもできるものか
・材料や道具の費用は本人が負担しているか
・会社と請負契約書を締結しているか

 
<< 仕入高 | 勘定科目の記事一覧 | 販売費及び一般管理費 >>

関連する記事

  •    ・損益計算書(P/L)の構成 損益計算書は、会社の一定期間(1年間)における経営…
  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…
  •    ・売上原価 売上原価とは、商品や製品の販売、役務やサービスの提供による売上高に対…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。