現預金月商比率

経営指標に関する記事一覧を見る

会社の現預金月商比率

 
現預金月商比率は、会社がある時点において、月商の何か月分の現預金を持っているかを
示す指標になり、手許流動性比率と言われたりもします。この指標を調べることで、会社
の資金繰り状況に余裕があるのか、余裕が無いのか、大雑把に掴むことができます。

会社の業績が赤字であっても、資金手当てができれば倒産しません。反対に、業績が黒字
であっても資金繰りができなくなると倒産します。いわゆる黒字倒産がこれです。そのた
め、会社の全てのお金を事業につぎ込むのではなく、一定額の現金や預金を運転資金とし
て用意しておく必要があります。

計算式

計算式は次のとおりで、高いほど安定性が高いと言えます。

現預金月商比率 = ( 現金 + 預金 ) ÷ ( 売上高 ÷ 月数 )

最低でも月商の1か月分は確保したい

銀行は、会社の財務内容を見るとき、財務基盤の安定性を見る指標として、現預金月商比
率を重視します。この指標は、高ければ高いほど資金繰りが安定していると言え、水準と
しては、最低1か月以上であることが望ましいとされています。しかし、この指標の水準
が高すぎると、上手くお金を使えていないとも言えます。

現預金月商比率は、中小企業は1~1.5ヶ月、大企業だと1か月分くらいが目安です。
決算日だけでもこの水準を満たしておくと、銀行に対する決算書の見栄えが良くなります。

 
<< 現預金比率 | 勘定科目の記事一覧 | 固定比率 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・預金 預金は、銀行や信託銀行、信用金庫などの金融機関に対する会社現金の預け金で…
  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。