ROA(総資産利益率)

経営指標に関する記事一覧を見る

ROAの計算

 
ROAとは、事業に投下されている総資産(総資本)が、利益を獲得するためにどれだけ
効率的に活用されているかを示す総合的な収益性をあらわす指標になります。ROAは、
「Return on Asset」の略称で、和訳すると総資産利益率(総資本利益率)
と言われます。

また、似た指標にROEというものがあります。こちらは、事業に投下されている自己資
本が利益を獲得するために、どれだけ貢献したかを示すものです。ROAを計算するとき
の分母が、自己資本に変わります

計算式と指標の意味

計算式は①か②のとおりで、ROA5%超であれば優良企業と判断されます。

①ROA=当期純利益÷総資産(総資本)×100%
②ROA=売上高回転率×総資産回転率

①で使われる分子の利益は、営業利益、経常利益、当期純利益などが使われます。使われ
る利益によって、総資産営業利益率、総資産経常利益率、総資産純利益率と言います。多
く使われる利益は、経常利益か当期純利益です。

 
<< 運転資金月商比 | 経営指標の記事一覧 | 決算とは >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・損益計算書(P/L)の構成 損益計算書は、会社の一定期間(1年間)における経営…
  •    ・資本金 資本金とは、株主からの出資金で、貸借対照表の純資産に計上されます。資本…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。