デットキャパシティレシオ

経営指標に関する記事一覧を見る

デットキャパシティレシオの計算

 
デットキャパシティレシオは、有利子負債(借入金や社債など)の水準を分析する指標の
一つです。売却や担保提供が可能なもの(現預金、有価証券、土地)に対する有利子負債
の割合で、返済原資となる資産がどれだけあるか、また追加の借入余力があるかを調べる
ときに使います。一般的に低いほど良いとされています。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、デットキャパシティレシオ100%未満が望ましいです。

デットキャパシティレシオ = 有利子負債 ÷ キャパシティ資産 × 100

キャパシティ資産とは次のものを含みます。
・現金
・預金
・有価証券
・投資有価証券
・有形固定資産

この指標が100%未満ということは、担保提供可能な資産によって、借入金がすべてカ
バーされていることになります。つまり、銀行は返済が滞っても最終的に完済される可能
性が高いと判断します。

もし、この指標が100%以上でも、返済額に対して現預金が十分な水準であれば、収益
力・返済能力の面から特に問題はないと言えます。また、キャパシティ資産に含み損益が
あるときには、時価によって算出した方が望ましいです。

有利子負債の元本返済と利息支払いには、通常、営業活動から生じるキャッシュフローが
充当されます。しかし、それで足りないなら、資産売却などによりカバーすることになり
ます。営業キャッシュフローが不足しているときの二次的な債務返済能力が、どれだけあ
るかを表している指標でもあります。

 
<< 有利子負債月商比率 | 経営指標の記事一覧 | 自己資本比率 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・預金 預金は、銀行や信託銀行、信用金庫などの金融機関に対する会社現金の預け金で…
  •    ・長期借入金 借入金には、長期借入金と短期借入金があります。その区分は、決算日の…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。