未収収益

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の未収収益

 
未収収益とは、本業の売上ではない一定の契約(不動産貸借契約や金銭消費貸借契約など)
にもとづいて、継続して役務やサービスの提供をおこなうとき、すでに提供した役務に対
して、まだその対価の支払いを受けていないもののうち、支払期日が未到来の対価を管理
するために使います。こうして文字にすると分かりにくいですよね。

具体例を挙げると

未収収益の具体的な例は、次のとおりです。期日が未到来のものに限ります。
・家賃や地代の未収金額 → 未収家賃、未収地代
・貸付金利息の未収金額 → 未収利息
・受取手数料の未収金額 → 未収手数料

収益の見越し計上

収益の見越し計上とは、当期に役務を提供済で、翌期以降にその対価を受け取るものにつ
いては、当期の収益として計上せず、翌期以降の収益になることを見越して資産として計
上することをいいます。決算作業のときに振替仕訳で対応します。

次のようなときに認められます。
・継続的な役務提供が契約内容により明らかであること
・時間の経過につれて、すでに役務が提供されて実質的に収益が発生していること
・支払期日が未到来でも、入金は確実であること

例外として、毎期継続的に同様の処理が発生して、その内容が重要でないものは、未収収
益として資産計上しなくても大丈夫です。

 
<< 前払費用 | 勘定科目の記事一覧 | 短期貸付金 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・流動資産 貸借対照表の資産のうち、流動資産は、短期間に現金化もしくは費用化でき…
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。