長期借入金

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の長期借入金

 
借入金には、長期借入金と短期借入金があります。その区分は、決算日の翌日から1年以
内に支払期限が到来するかどうかによって分けられます。つまり、1年基準(ワン・イヤ
ー・ルール)を適用させることになるので、長期借入金は、決算日の翌日から1年超の猶
予がある借入金
ということになります。

長期借入金のうち返済期日が、決算日から1年以内となったものは、その1年以内の返済
予定分を短期借入金として流動負債に表示します。

具体的には

具体的には次のような場合があります。
・銀行、信金など金融機関からの借入
・親会社など関連会社からの借入
・役員、従業員からの借入など

実質的に長期借入金ですが

経営上、資金繰りの問題から、銀行との契約では短期で借りていながら返済期日になると、
返済と新しい借入を同時におこない(借り換え)、実質的に長期の運転資金としての役割
をしているものがあります。こういった借入金は、長期借入金ではなくて短期借入金に計
上します。

 
<< その他流動負債 | 勘定科目の記事一覧 | 資本金 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。