消費税は期限延長できない

決算申告に関する記事一覧を見る

消費税は申告期限の延長ができない

 
法人税、法人都民税、法人事業税、消費税は、決算日から2か月以内に税務申告する必要
がありますが、法人税、法人都民税、法人事業税は、申告期限の延長ができます。申請す
れば申告期限が1か月延長されます。

しかし、消費税は申告期限の延長ができません。当然、納税期限の延長もできませんので、
決算日から2か月以内に申告・納税するしかありません。そこで、消費税以外の税金を延
長しているときは、他の税金と同じように消費税についても一旦見込み税額で通常の納期
限通りに納税します。

そして、法人税などの税額が確定したときに、消費税も確定させて、法人税などと一緒に
再度、申告・納税する方法があります。ただし、この方法は延滞税が課される可能性があ
りますので、実際におこなうときには見込み納付額に注意してください。

 
<< 法人都民税・法人事業税の延長 | 決算申告に関する記事一覧 | 申告書を提出していない >>

関連する記事

  •    ・消費税の確定申告書 消費税の確定申告書は、得意先から預かった消費税から仕入先な…
  •    ・申告期限と納期限 日本では納税者が税金計算をおこなって、税額を確定させて納税者…
  •    ・消費税 消費税は、モノやサービスを消費したときにかかる税金で、課税期間は法人だ…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。