利益と所得の違い

決算申告に関する記事一覧を見る

利益と所得の違い

 
会計上と税務上では、会社の儲けや費用の呼び方や計算方法が異なります。会計上の収益に
一定の調整を加えたものを「益金」、費用に一定の調整を加えたものを「損金」と言います。
また、法人税計算のもとになる「所得」は、益金から損金を差し引いて計算します。会計上
の利益・収益・費用と税務上の所得・益金・損金の関係は、次のとおりです。

会計上の呼び方と計算方法

会計上では、収益から費用を差し引いたものを利益と言います。この利益は損益計算書上の
当期純利益になります。

利益 = 収益 - 費用

税務上の呼び方と計算方法

税務上では、益金から損金を差し引いたものを所得と言います。この所得は当期純利益から
申告調整されて算定されます。算出された所得をもとにして法人税が課されます。

所得 = 益金※ - 損金※
 
※益金と損金
・益金 = 収益 ± 申告調整
・損金 = 費用 ± 申告調整

 
<< 4種類の申告調整 | 決算申告に関する記事一覧 | 法人税の確定申告書 >>

関連する記事

  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…
  •    ・別表一から十八 会社は年に1回、必ず「決算」をおこないます。決算では、期首から…
  •    ・法人税の計算 法人税は、当期純利益から申告調整をおこなって算出される所得に、法…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。