前渡金

勘定科目に関する記事一覧を見る

前渡金の支払い

 
前渡金は、商品や原材料などの仕入れや外注先への外注加工の発注し、商品の受け入れや
外注加工完了の前に、代金の一部や全額を支払ったときに使います。いわゆる手付金や内
金などと言われるもので、一時的に処理するときに使用されます。

また、建物などの固定資産取得のための前払金は、前渡金ではなく建設仮勘定として計上
しておき、建物が完成したら建物に振り替えます。なお、前渡金は1年以上の長期となる
ものではないので、貸借対照表上では流動資産として表示されます。

前渡金は、金銭債権というよりも、モノやサービスに対する給付請求権として扱われます。
経理では、モノやサービスへの給付請求権が無くなったとき、未収入金に振り替えられま
す。

仕入先や外注先への手付金

仕入先から商品や原材料などを仕入れたとき、仕入代金の一部(手付金)を前払いしたら、
前渡金として処理します。また、外注先へ製品やサービスの外注加工費の手付金を支払った
ときにも同じように処理します。

仕入先や外注先への前払金や手付金であれば、前渡金で処理して問題ないでしょう。しかし、
経理をしていると、支払いが前渡金かどうか判断のつかないものが出てきます。もしかする
と、取引先への貸付金や仮払金、接待交際費などかもしれません。したがって、仕入先や外
注先への支払いが、商品や外注加工賃の前払いなのかどうかは、しっかり確認すべきでしょ
う。

決算のときだけ使う

決算を組むときだけ、前渡金を使うことがあります。どうするのかというと、期中の経理で
は、仕入先や外注先への前渡金を買掛金として処理しておきます。つまり、普段は前渡金を
使わないで経理します。そうすると、その分だけ買掛金が赤残になります。

しかし、期中であれば特に問題ではありません。期末の決算を組むときに、買掛金の赤残の
分を前渡金に振り替えます。この方法の

 
<< 棚卸資産(在庫) | 勘定科目の記事一覧 | 前払費用 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・流動資産 貸借対照表の資産のうち、流動資産は、短期間に現金化もしくは費用化でき…
  •    ・その他流動資産 その他の流動資産は、貸借対照表の流動資産に計上される科目のうち…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。