1年基準、正常営業循環基準

勘定科目に関する記事一覧を見る

1年基準、正常営業循環基準

1年基準(ワン・イヤールール)

1年基準とは、流動資産(流動負債)と固定資産(固定負債)を区別するための基準です。
決算日の翌日から1年以内に入金されるか、もしくは費用化される資産であれば流動資産
になります。営業取引以外で発生する、貸付金、未収金などに適用されます。

正常営業循環基準

正常営業循環基準とは、貸借対照表上での資産・負債が、流動資産・流動負債に区分され
るかを判断する基準の一つです。この営業循環に含まれる資産が流動資産となり、それ以
外の資産は固定資産となります。営業取引に含まれない資産については1年基準が適用さ
れます。

一般的に、資本と資産は次のように循環します。
資本(現金) → 棚卸資産 → 売上債権 → 収益(現金)

 
<<流動資産→1年以内に現金化 | 勘定科目の記事一覧 | 固定資産→長く事業に貢献 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。