無申告加算税

税金に関する記事一覧を見る

確定申告をしないと無申告加算税がかかる

 
無申告加算税は、税金の罰金のような性質を持つ附帯税の一種です。この税金の目的とし
ては、無申告による税金逃れを防ぐということがあります。会社が申告納付期限までに法
人税などの確定申告書を税務署へ提出せず、納税していないときに課税されます。

期限が過ぎたあとで申告(期限後申告)して、納付すべき税額があると、その納税額によ
って税率が変わります。納付すべき税額が多いほど税率は高くなるようになっています。
ちなみに、税務調査前に自主的な修正申告をすると、適用される税率が低くなり税額が少
なくなります。

計算式と税率

税務調査を受ける前で、自主的に期限後申告をしたとき、税率が5%と低くなります。無
申告加算税は、納付すべき税額が50万円を超えるかどうかで、税率が15%か20%に
なります。そして、その税率にもとづいて税額が算出されます。

無申告加算税の計算式と税率は次のとおりです。

無申告加算税 = 納付すべき税額 × 税率

内容 課税標準 税率 備考
期限後、税務調査前に
自主的に修正申告した
納付すべき税額 5%
期限後、修正申告したり
更正を受けたりした
15% 納付すべき税額で、50万円までの部分
20% 納付すべき税額で、50万円超の部分

 
<< 過少申告加算税 | 税金に関する記事一覧 | 不納付加算税 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。