貸借対照表(B/S)

決算申告に関する記事一覧を見る

貸借対照表の書式

 
貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本の状態(財政状態)を表す
もの
です。英語では、「Balance sheet(バランスシート)」といいますの
で、「B/S」と略されることがよくあります。貸方(右側)は、資金をどのようにして
調達したかを示し、負債・資本として表示されます。借方(左側)は、調達した資金をど
のように使ったかを示していて、資産として表示されます。

調達した資金には、負債と資本があります。負債は、金融機関などの外部から調達したも
ので、他人資本と言われます。資本は、資本金として株主から調達したものと、営業活動
を通して会社が獲得した利益である利益剰余金で、自己資本と言われます。

資産、負債、資本の間には、次の等式が成り立ちます。
資産 = 負債 + 資本

資産の区分

資産の区分として「流動資産」と「固定資産」があり、流動資産には1年以内に現金化さ
れるもの、固定資産には1年超の長期にわたって現金化されるものが記載されます。この
基準のことを1年基準といいます。資金の使い道には、現金・預金、売上にともなう売掛
金、事業のための設備投資などがあり、現金化しやすいものから順番に記載されます。

負債・純資産の区分

負債・純資産の区分として、「流動負債」「固定負債」「純資産」があり、こちらでも1
年基準が適用されますので、流動負債には1年以内に返済しなければならないもの、固定
負債には1年超の長期にわたって返済するものが記載されます。純資産には返済しなくて
もよいものが記載されます。調達資金は、すぐに返済しなければならないものから順番に
記載されます。

貸借対照表の構成

貸借対照表の構成

 
<< 決算報告書とは | 決算申告に関する記事一覧 | 損益計算書(P/L) >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。