贈与税

税金に関する記事一覧を見る

贈与税

 
贈与税は、贈与によって個人から無償で財産をもらったとき、その贈与を受けた人に課税
される税金です。現金や土地、建物、車などの資産をタダでもらうと課税されます。また、
会社などの法人からそういった財産を譲り受けたとき、贈与税は課税されませんが、その
かわり所得税がかかります。

【贈与税のかかる例】
・現金、預金、土地、建物、車などの資産をもらった
・保険料を負担していない生命保険金を受け取った
・借入金を免除してもらった(債務免除)

贈与税の課税方法は2つあって、①暦年課税、②相続時精算課税というものです。通常は
暦年課税となりますが、一定の要件に該当するとき、相続時精算課税を選択できるように
なります。

申告・納税

贈与税がかかるときや相続時精算課税を適用するときには、財産をもらった人が申告・納
税しなければなりません。申告・納税は財産を贈与された年の翌年2月1日~3月15日
の間におこなう必要があります。

暦年課税では、納税額がなければ申告する必要はありません。一方で、相続時精算課税を
利用するときには、納税額が「0円」でも贈与を受けた年の翌年2月1日~3月15日の
間に申告しなければいけないので、注意してください。

贈与税の支払いですが、税額が大きくなることがあるので、延納制度が利用できます。延
納とは、税金を何年かに分割して納めていくというものです。延納によって納税したいと
きには、申告書の提出期限までに申請書などを税務署へ提出しておく必要があります。

 
<< 相続税 | 税金に関する記事一覧 | 贈与税の暦年課税 >>

関連する記事

  •    ・税理士の独占業務 国税庁が管轄省庁となる国家資格の税理士には、税理士資格がある…
  •    ・所得税 所得税は、個人の1年間(1月1日から12月31日)で得た所得に対して課…
  •    ・贈与税の相続時精算課税 相続時精算課税は、世代間の財産移転の促進を目的として、…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。